スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信心が我が盾となる

CALL OF JUAREZ: BOUND IN BLOOD(コール・オブ・ファレス 血の絆)をクリアしました

前作もプレイ済みで、レビューサイトなどの評価はいまいちだったのですが
個人的にはストーリーも良ければ雰囲気もよく、なにより西部劇ってのが大きくて、非常に楽しめる作品でした

それを踏まえての今作
購入する前から前作以上の期待をしていましたが、見事に前作を超えてくれました

非常に進化したグラフィック、盛り上がるストーリー、白熱する銃撃戦など
あぁ、やっぱり西部劇っていいなぁと思わせるすばらしい作品でした

何よりキャラクターがかっこよく、兄弟のどちらかを選択して進めていく形式のゲームなのですが
弟のトーマスを選んだときの兄レイが非常にかっこよく、隣で二丁拳銃ぶっ放している姿に惚れました

前作のイカれ神父もかっこよかったですが、隣でぼやきながら進んでくれるのが非常に頼もしい

ストーリーの方もよく、強引な後付け設定は特に感じませんでした
最後の方、わかっているのにホロリと来てしまうような展開があったり
前作をプレイしているとニヤリとさせる様な話もあり、すばらしい作品でした

ストーリー順に2,1とプレイするよりも1,2と遊んだほうがいいゲームなのかなと思います

このままこのシリーズが終わってしまうのはもったいない
次回作が発売されることを祈っていよう
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コール・オブ・ファレス 血の絆

コール・オブ・ファレス 血の絆の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「コール・オブ・ファレス 血の絆」へ!

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
Twitter
ツイッター
ゲーマーカード
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

kani

Author:kani
ジャンルは問わず(といってもRPGとターン制のシミュ以外)ハードは問わずゲーム大好きっ子です
適当な感想とかプレイ日記とかのっけちゃうような気がするよ

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。